記念艦「みかさ」 
日露戦争で連合艦隊旗艦を務めた戦艦「三笠」の勇士を仰ぎ、歴史を垣間見る。 2007/8/4 訪問












 (左)
 東郷元帥銅像
 (右)
 広場より左舷を見る
艦内の各部屋はすべて公開され、
中に入れる部屋には、様々な資料が展示されている。
ビデオやミニチュア模型による日本海海戦の解説もある。

第2次大戦後、連合軍により大砲・煙突などが撤去されてひどい状態だったらしい。
どの部分が復元されたのかもわかるように、復元修復作業の記録もあったらよかったと思う。

内部の各部屋を回り、資料をあたり、甲板を歩き大海原に目を移す。
ジュースの自販機設置の休憩室もあり、2、3時間ゆったり過ごす。料金は500円だ。
艦橋上部からの眺め。海の広がる右側に気持ちを集中し、
壮大な戦いを空想してみる。
中央の黒くて丸いのは機雷。
全部主砲 (後方のマンションがじゃま!) 後部主砲

側面副砲

艦橋上部。
有名な「艦橋の図」のスケッチが置いてある。(右端)








 記念艦「みかさ」 

 横須賀市稲岡町82-19
 京浜急行
  横須賀中央駅歩15分
 記念艦「みかさ」公式サイト
広場右端に見える建物にチケット販売機と土産物屋がある。 2007.8