海上保安庁資料館横浜館

横浜トリエンナーレに行って偶然発見。
 巡視船“しきしま”と工作船資料館
 (左のかまぼこ型ドーム)


2001年12月22日の九州南西海域における工作船事件の概要が映像、写真によってすべてわかる。
引き上げた工作船母船と小型舟艇、乗組員の携帯品、武器などが展示されている。

詳しいパンフレットももらえる。
巡視船“しきしま”

巡視船としては世界最大で、その大きさは海自のはたかぜ型護衛艦とほぼ同じであるそうだ。
ヘリコプター2機搭載。就役は1992年。


35mm連装機関砲2基とRFS操作式20mm機関砲2基、OPS-14二次元対空レーダーを装備。

海自のグレーの護衛艦を見慣れていたので、
真っ白な船体が美しい!



その装備品から北朝鮮のものと特定された工作船。
 全長:29.68m 
 全幅:4.66m
 44トン
 出力:連続最大出力約1100馬力×4=4400馬力
     (一般的な漁船の約10倍)
 速力:約33ノット(時速約61キロ)


弾痕のあとがはっきり見れる船首部分(右)
本体後部分(左下)
本体前部分(右下)

 (上2枚)母船に収容されていた小型舟艇。
 全長:11.21m 全幅:2.5m 2.9トン
 出力:連続最大出力約300馬力×3=900馬力
 速力:約50ノット(時速約90キロ)
 水中スクーターも装備。

 (左)小型舟艇を収容するスペース。
    母船後部が観音開き。左側だけ開いた状態。

 (下)回収した武器
 (下左)2連装機銃・ロシア製ZPU−2と推定される。
 (下中)ロケットランチャーRPGとPK軽機関銃
 (下右)自動小銃AKS−47と推定されている。


 これらの他、無反動砲、手榴弾、携行型地対空ミサイルなど
 も展示されている。

海上保安庁公式サイト
 トップページ右下に工作船事件および横浜館のリンク

場所:神奈川県横浜市中区新港1−2−1赤レンガパーク隣  みなとみらい線「馬車道駅」又は「日本大通り駅」歩8分
10:00−17:00 月曜定休 無料