武器・メカ、その他お薦め本

世界の戦争博物館
これもすばらしい、写真満載で見てるだけでも楽しいけど、あるある…。
アメリカ、ヨーロッパ、アジア、そして日本にも。遠いところはすぐ行くわけにも行かないけど、韓国、台湾あたりはお手ごろだ。それに日本!
靖国神社で「ゼロ戦」と「彗星」に会えるとは思わなかった。すぐ行かなきゃ。あと横須賀の戦艦「三笠」をとりあえず。
アメリカ軍用銃パーフェクト・バイブル
ベトナム戦で登場したM16までのアメリカのピストル、小銃、機関銃を詳しく解説した本だが、やはり興味を引くのは
コルト“ガバメント”からM1ガーラントトンプソンマシンガンなど、WW2映画でお馴染みの銃の数々。1700年代に生まれた銃の歴史、使用された銃弾の発達と部隊で装備する編成の変化など、ありとあらゆる角度から解説されている。歩兵連隊の完璧なまでの編成表(装備火器中心)にも大満足。
ドイツ軍用銃パーフェクト・バイブル 続編、ドイツ軍用銃
大日本帝国の軍用銃
銃の解説だけでなく、こんな銃までエアガンが売られてるんだってことに驚き。