MILITARY FIGURES 〜18th century
ミリタリー・フィギュア 〜18世紀 1/72ミリタリー・フィギュアコレクション

 
独立戦争アメリカ軍歩兵
 American Independence War American Infantry <Itareli>
独立戦争イギリス軽騎兵
 American Independence War British Light Cavalry <Itareli>
(アメリカ軍歩兵)青・赤・白の制服なのでナポレオンのフランス兵と似てないかと思ったが、帽子が違うだけで雰囲気がかなり変わるものだ。敵役のイギリス軍は騎兵しか発売されていないのが残念。箱絵の塗装解説では襟や袖は黄色になっていたが、軍服の本や映画「パトリオット」を見ても赤いので赤にしておいた。
(イギリス軍軽騎兵)できはよく塗装もしやすい。あとはイギリス軍歩兵の発売を待つのみ。
ロビンフッド一団 Robin Hood and his Merry men <Airfix> イングランド衛兵 Sheriff of Nottingham and soldiers <Airfix>
Airfixのセットものでお城のプラモと一緒である。イングランド兵は騎馬兵がいるので総数が少ない。ジオラマならもう1セット必要だ。
服の色がわからないので映画「ブレイブハート」を参考にオレンジ色にしてみた。自分では気に入ってる。
古代ローマ軍 Romans <Airfix> 古代ブリトン軍 Ancient Britons<Airfix>
どちらも子供のころ購入で素材の劣化が激しいのでやめようかと思ったが、塗装してみたら思いのほか楽しかった。
大事に保管していたはずだが紛失パーツが結構あった。ブリトン軍には騎馬戦車がもう一台あったがなくなっていた。
スウェーデン軍歩兵 Swedish Infantry (Revell) スウェーデン軍騎兵 Swedish Cavalry (Revell)
ローマ皇帝軍歩兵 Imperial Infantry (Revell) ローマ皇帝軍砲兵 Imperial Artillery (Revell)
30年戦争(1618〜1648) Thirty years war
ヨーロッパの多数の国と地域を巻き込み文字通り30年間に渡って続いた戦争。日本人には馴染み薄いが、この戦いでスウェーデン軍のグスタフ・アドルフが歩兵・騎兵・砲兵を統合した戦術の基礎を確立したといわれていおり、戦争の世界史の中では重要な戦争といえる。まだ銃が重く長かったので支えを使用しているところがユニーク。フィギュアとしては敵対する二つの歩兵のポーズがほとんど共通なこと、この時期に特徴的なパイクマン(長槍隊)の数が少ないことが残念。それに対し皇帝軍の砲兵は、ポーズの種類が非常に多い。

スウェーデン軍チャールズ17世 砲兵隊 Swedish Artillery of Charles XU(ZV)

オーストリア軍 マスケット兵&長槍兵 Austrian Musketeers and Pikemen(ZV)

 
 スウェーデン軍チャールズ17世 砲兵隊
 オーストリア軍 マスケット兵&長槍兵 17世紀
 ロシア・ピョートル大帝・騎兵隊 18世紀

 いずれもZVEZDA製。腕が別パーツだったりしてかなり手間がかかる。できはいいけど。








ロシア・ピョートル大帝・騎兵隊
Dragoons of PeterⅠ 1701-1721(ZV)