新追加作品のページ  一ヶ月ほどここで紹介したあと、各区分ページに移します。



 ヒトラー暗殺 13分の誤算 Elser 2015年ドイツ 114分   ★★

監督:オリバー・ヒルシュビーゲル、製作:ボリス・アウサラー、オリバー・シュンドラー、フレート・ブライナースドーファー
キャスト:クリスティアン・フリーデル(ゲオルク・エルザー)、カタリーナ・シュトラー(エルザ)、ブルクハルト・クラウスナー(アルトゥール・ネーベ)

1939年11月8日、ミュンヘンのビアホールで演説を行うヒトラーを狙った爆破計画。それは家具職人エルザ―の単独計画であったが、ヒトラーは裏に黒幕があると疑わず秘密警察は執拗に自白させようと拷問を続ける。戦後長いこと秘密だった暗殺未遂事件をドイツ映画らしい演出で描いた重い一作。

<ネタバレ>
冒頭で暗殺計画は失敗しエルザ―はあっさり捕まる。むごい拷問のシーンに過去の回想シーンが挟まれ物語は進んでゆく。ナチス党が政権を取り、ヒトラーの独裁が進む国内情勢がよく描かれている。というわけで戦闘シーンはない。後半時間が一気に飛び、エルザ―を拷問していた将校がヒトラー暗殺計画に加担した罪で処刑されるくだりは衝撃的。(2018/10)
 帰ってきたヒトラー  Er ist wieder da 2015年ドイツ 116分   ★★

監督:デビッド・ベンド、製作総指揮:オリバー・ベルビン、マーティン・モスコウィック
キャスト:オリバー・マスッチ(アドルフ・ヒトラー)、ファビアン・ブッシュ(ザバツキ)、クリストフ・マリア・ヘルプスト(クリストフ・ゼンゼンブリンク)、カーチャ・リーマン(カッチャ・ベリーニ)

突然現代にタイムスリップしてきたアドルフ・ヒトラー。たまたま彼の出現に出くわした売れない映像ディレクターのザバツキは、ヒトラーを使って一切のタブーを無視した奇天烈な番組を作り上げる。もちろんザバツキ本人も大衆もヒトラーを物まね芸人か何かとしてみているのだが、現代のドイツの抱える社会問題と奇しくもリンクする彼の過激な演説にファンは増え続けてゆく…。

<ネタバレ>
どのようにして独裁者は生まれるのかということを強烈なブラックユーモアで描く。また「ヒトラー最後の12日間」など過去のヒトラー映画のパロディーも巧みに入っているので、映画をたくさん見てる人ほど楽しめるだろう。ラストにはSFミステリーばりの怖いエンディングも用意されている。(2018/10)





  
  




 総索引