新追加作品のページ  一ヶ月ほどここで紹介したあと、各区分ページに移します。

 ネイビーシールズ チーム6 Seal Team Six: The Raid on Osama Bin Laden  2012 101分  ★★

監督:ジョン・ストックウェル、製作:ニコラス・シャルティエ他、製作総指揮:フィリップ・B・ゴールドファイン
キャスト、カム・ジガンデイ、アンソン・マウント、フレディ・ロドリゲス、アルビン・“イグジビット”・ジョイナー、キャスリーン・ロバートソン

米軍特殊部隊によるオサマ・ビンラディン殺害作戦をドキュメンタリータッチで描いた一作。前半はオサマの所在を追うCIAの困難な操作が長々と続くが、ラストは一気に作戦決行となりアクションシーンに突入。

<ネタバレ>
特殊部隊の訓練シーンなどもあるが、どちらかというと実行に移すまでの諜報活動がメインでそこが面白みでもある。殺害作戦自体は暗闇シーンに暗視ゴーグルの映像中心で、ややストレスが溜まる。
エンドロールで登場人物の実写画像と、その後の中東情勢の解説がナレーションで入るのは親切。サバゲ―”インドア派”にもお薦めの一作。(2018/12)
  

 ローン・サバイバー  Lone Survivor  2013年 121分  ★★★

監督:ピーター・バーグ、製作:ピーター・バーグ、サラ・オーブリー、ランドール・エメット、ノートン・ヘリック
キャスト:マーク・ウォールバーグ(マーカス)、テイラー・キッチュ(マーフィ)、エミール・ハーシュ(ダニー) 、ベン・フォスター(マシュー)

アフガニスタン戦争でリーダーの殺害計画を立てた米軍ヘリボーン作戦に先立ち、4人の偵察隊が送り込まれる。しかし4人は山中で現地の羊飼いに遭遇してしまう。民間人を殺すわけにはいかず解放するが、その一人が反乱組織に知らせたため偵察隊の4人は4対200という絶望的な戦いの中に放り込まれる。ノンフィクションノベル「アフガン、たった一人の生還」をもとに実話が映画化された迫力のアクション映画。

<ネタバレ>
作戦開始までの描写がやや長く退屈するが、作戦の成功を不安視する兵がいたりして、その後の展開を思いぞくぞく感を楽しみたい。多勢に無勢でどんどん追い詰められてゆく展開は、それが米軍だけになかなか新鮮。助けに来たヘリがやられるのも実にイタイ。しかし4人の服装や装備はこれまたサバゲ―ファン、米軍コスプレマニアはたまらんだろう。最後の一人が救出される流れはちょっとあっけないが、実話に基づいているのだから仕方ない。(2018/12)





  
  




 総索引